europrixのバイトバイブル

管理人europrixが、実際に働いてみたいアルバイトをひたすら選んでいくブログです

山崎パンのバイトの口コミその6

Q1:おおまかにいつ頃働いていましたか?(例 2年前の春だから2016年の5月頃

A:9年前の夏

Q2:当時何歳でしたか?(例20代前半

A:20代前半

Q3:月にどのくらい稼げましたか?

A:15万ほど、夜勤限定、
夜勤限定の週4でシフトを組み無理なく働いていました。

Q4:きつかったですか?どのくらい忙しかったですか?

A:とにかく単純作業で、体力的なことはもちろん、時間の経過がかなり遅く感じました。
パンが次から次へと流れてくるので、ラインを止まらせない無いため必死に捌きました。
キャンペーン中の時などノルマが多く、作業ペースを早められたり急かされたりしたのが大変でした。

Q5:人間関係は良かったですか?

A:配属される部署により違いました。
パンの製造過程など流れ作業の部署では、特別に良くも悪くもなく、人間関係は気薄な感じです。

集荷作業やピッキングといった末端の現場では、怒号が普通に飛び交ってました。
個人的な印象ですが、そこの従業員はきつい感じの方が多く、ピリッとした空気が立ち込めている感じです。
まあ、次々と出荷に追われるので無理はないとも思いますが、
そこは他の社員の人からの評判もあまりよくありませんでした。


人間関係というか、強く感じたのは、それ以前にバイトは所詮バイトというような扱いです。
ですが、ぞんざいに扱われるというわけでなく。
アルバイト従業員は、出入りが激しいので名前は覚えてもらうこともなく、基本呼称はバイトです。
当たり前ですが、人間関係よりも作業についていけるかいけないかが第一といった感じです。

Q6:働いてよかったことは何ですか?

A:お昼休憩など、パンが無料で食べれるくらいでした。

以上アルバイト経験者の貴重なクチコミでした。

www.raffaseder.com/Sounddesign.html Sounddesign EUROPRIX SUMMER SCHOOL 2003 - Producing Broadband MM Content