europrixのバイトバイブル

管理人europrixが、実際に働いてみたいアルバイトをひたすら選んでいくブログです

【大阪府大阪市北区】南森町駅周辺のバイトの口コミ・評判まとめ

 

【2018年6月11日追記】新たに1件のバイトの口コミを追記しました。

【2018年6月4日追記】新たに1件のバイトの口コミを追記しました。

今回は南森町付近でバイトしていた方の口コミをまとめさせていただきます。

 

ドトール天神橋2丁目店でバイトしていた方の口コミその1

Q1:お店名は何ですか?
A1:ドトール天神橋2丁目店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2015年12月~2018年3月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:930円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:とてもつけやすかったです。大学生でテストがあると、その期間は何も言わずにシフトを提出しなくても、なにもいわれませんでした。
逆にシフトに空きがあっても、入ることは強要されませんし、働きたいときには、言うとシフトに入れてもらえました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:仕事内容はレジ、ドリンクを作る人、フードを作る人、洗い物をする人の4人に分かれて行います。それを1時間交代でまわしながら働きます。夜など人が少ないときは2人でお店を回したりもします。他にもフード商品の仕込みも行います。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:お昼のピークは人が多く気を抜ける暇が有りません。そのときはきついです。ドトールにはいってすぐは覚えることがたくさん有ります。
ドリンクの容量などを覚えるまでは他のスタッフにも迷惑をかけるのできつかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:ドトールは同じカウンターの中での業務がほとんどで、他の従業員も同じ場所で働きます。なのでそれぞれの距離が近く、コミュニケーションがとりやすいと思います。なのでスタッフ同士で仲がよくプライベートでも遊ぶほどです。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:ドトールでは接客の基本を学ぶことができました。ドトールも飲食店で接客を行います。なのであいさつ、言葉遣いなどお客さんを悪い気にさせないような基本的なマナーはここで学ぶことができました。今でもそれは役立っています。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:給与以外では、他の飲食店のようにまかないは有りませんでしたが、一人1杯コーヒーがただでした。他にも社員割引が有り、全ての商品が3割引きぐらいの値段でした。しかし他の店に比べると得した気分にはなりませんでした。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:ドトールは同じカウンターの中での業務がほとんどで、他の従業員も同じ場所で働きます。なのでそれぞれの距離が近く、コミュニケーションがとりやすいと思います。なのでスタッフ同士で仲がよくプライベートでも遊ぶほどでしたので、楽しかったです。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:店長が面接に立ち会ってくれました。重要視していたのはコミュニケーションが問題なくできるかどうかのようでした。志望理由を聞かれ家が近いからと答えました。それ以外は店長と世間話をして終わりました。学校の話などです。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:ドトールでは上下全て制服でした。靴は革靴で髪型は男性は耳にかからない程度、女性は髪の毛が長い場合後ろでくくり、ネイルは禁止です。ピアスも着用してはいけません。髪の毛を染めるのは派手な色はだめですが茶色は大丈夫です。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:休みはとても取りやすかったです。テストがある週などは一度も入らないことや、忙しく1ヶ月3回しか入らない日もありました。
しかしシフトに関して店長に何か言われたことも無く、自由にシフトをきめ心地よく働くことができました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:カフェは女性が働くことが多いので、男性がここに入れば十分に可能性はあると思います。実際に私の先輩は入って2年ぐらいで年上の女性と付き合っていました。他にもちらほらカップルは誕生していましたが、私自身は無かったです。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:私は夜にメインで入っていました。なので比較的に暇でした。しかしドトールでは完全にやることが無いという状況は少なく、暇すぎるということはなかったです。時間があるときに明日のドリンクやフードの仕込みを行います。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:ドトールは同じカウンターの中での業務がほとんどで、他の従業員も同じ場所で働きます。なのでそれぞれの距離が近く、コミュニケーションがとりやすいと思います。なのでスタッフ同士で仲がよくプライベートでも遊ぶほどでした。仲間ができてよかったです。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:私がバイトをがんばれた理由はまず最初にドトールと家が近いからです。通勤時間は歩いて10分でしたので、夜遅くかえっても大丈夫なのと朝早くてもぎりぎりまで寝ていられるのが一番大切なことでした。辞めた理由は留学です。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:あまりお勧めはできません。なぜなら時給があまり高く有りません、大阪の中心地なので時給が1000円越えることろはたくさん有ります。ですので900円台なのはもったいないと思います。さらにまかないも無いので一人暮らしの人にはお勧めできません。
 

 

ドトール天神橋2丁目店でバイトしていた方の口コミその2

【2018年6月4日追記】

Q1:お店名は何ですか?
A1:ドトール天神橋2丁目店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2015年12月~2018年3月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:930円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:非常につけやすかったです。テスト期間や旅行などで長期間シフトを提出できない場合でも、店長に何も言われません。逆にシフトに空きがあれば当日でも店長に連絡して働くことができました。1ヶ月に3回だけの出勤もありました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:レジ、ドリンクを作る人、フードを作る人、お皿を洗う人の4つの役割があり、その役割を1時間ごとに交代しながら仕事を行います。他に次の日を食材の仕込をしたりなど様々な仕事が有り、飽きることがなかったです。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:カフェはレストランと違ってお客さんが時間関係なく来店します。お昼は昼ごはんを求めて来店数が増えるので忙しいです。私は基本的に夜に出勤していたので比較的来店が少なくそこまで忙しい体験をしたことがなかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:ドトールは同じカウンター内で仕事します。全てのスタッフが同じ場所にいてコミュニケーションが取れるので、人間関係はよかったです。私は定期的にアルバイト時間外で飲み会などのイベントが有り楽しんでいました。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:高校生で卒業する前に始めたので、接客の基本はドトールで学ぶことができました。レジの人は接客を行います。よって大学生になり他のアルバイトをはじめたときに基本が出来上がっていたので、特に新しいことに困ることなく働けました。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:ドトールは同じカウンター内で仕事します。全てのスタッフが同じ場所にいてコミュニケーションが取れるのでスタッフ同士が中がよく友達をつくることができました。なのでアルバイトの時間外で遊ぶことも多々あり、楽しかったです。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:はい、楽しく働くことができました。ドトールでは特に勤務中に話すことを禁じられていなかったので、お客さんが少ない時間などはスタッフ同士でコミュニケーションをとっていました。さすがに大声で笑いながら話すのはだめですが、楽しかったです。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:店長が面接官でした。ドトールは接客も行うので、ちゃんと接客できるかを重要視していました。なので店長との世間話が主な面接の内容です。また志望理由は聞かれました。そのときは家が近いからと正直に答えました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:ドトールには制服があり、その着用が必須でした。飲食店なので清潔感が大切で、男性は髪が耳にかからない程度がよくて、女性はピアス、ネイルなしで髪が長い場合は後ろで束ねます。髪染めは茶色くらいの色であれば許されていました。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:非常にとりやすかったです。テスト期間や旅行などで長期間シフトを提出できない場合でも、店長に何も言われません。逆にシフトに空きがあれば当日でも店長に連絡して働くことができました。1ヶ月に3回だけの出勤もありました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:ドトールは同じカウンター内で仕事します。全てのスタッフが同じ場所にいてコミュニケーションが取れるのでスタッフ同士の仲がよかったです。さらにカフェは女性が多く、実際に先輩同士で恋愛関係になっていました。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:お昼のピークは忙しいですが、夜は比較的にお客さんの来店が少ないです。しかしドトールは次の日の食材の仕込みなどすることがあるので、完全にすることがなくて暇なことが少ないです。暇さもちょうどよかったです。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:ドトールは同じカウンター内で仕事します。全てのスタッフが同じ場所にいてコミュニケーションが取れるので、スタッフ同士中がよかったです。私は定期的にアルバイト時間外で飲み会などのイベントが有り楽しんでいました。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:ドトールでは特に勤務中に話すことを禁じられていなかったのでお客さんが少ない時間などはスタッフ同士でコミュニケーションをとっていました。さすがに大声で笑いながら話すのはだめですが、仲がよかったのでがんばれました。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:勧めます。スタッフ同士で仲良くできるので楽しい職場だと思います。しかし高時給を求めている人にはお勧めしません。大阪の梅田にも近いので時給が1000円を超えることろもすくなく有りません。そういう人には違う場所をお勧めします。
 

 

ベネッセコーポレーションでバイトしていた方の口コミ

【2018年6月11日追記】

Q1:お店名は何ですか?
A1:

ベネッセコーポレーション

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2017年4月〜2018年3月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:900円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:もともと大学生を対象にしたバイトで、会社にも学業(授業やゼミ等)の方を優先していただけたので、私だけでなく、周りの友達もシフトに関する不満は特にありませんでした。シフトも15分単位なので、授業の合間に入れることが容易でした。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:中高校生を対象にした全国模試の採点業務です。デジタル化された答案を職場のパソコン画面上で採点します。採点基準を参照しながら、ときに担当のリーダーとも相談しながら、正確かつ迅速に採点を進めていきます。科目は英・数・国の三つです。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:シフトは比較的自由に入れることができたので、忙しいとか仕事に追われるなどといった感覚はありませんでしたが、ひたすら延々と採点をこなしていかないといけないので、身体が張ったり凝ったりして、しんどいことはありました。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係に関しては、良くもなく悪くもなく、といった感じでしょうか。仕事中は私語厳禁で、皆黙々とパソコン画面に向かって仕事をしていたので、仕事中の人間関係らしい人間関係は、そもそも存在しませんでした。休憩時も、皆疲れて机に突っ伏したりしているので、良くも悪くも「稼業」という感じでした。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:私自身は就職せずに大学院に進学したので、就活面で特に役に立ったということはありませんでした。ただ、採点で担当していた英語に関しては、業務の中で何度も辞書や文法書を引いて調べたので、多少の能力向上にはつながったと思います。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:大学生のバイトなので、福利厚生的なメリットは特にありませんでした。ただ一つ挙げるとすれば、たまたま勤務先が下宿から近かったので、通勤にそれほど苦労しなかった、という点でしょうか(通勤に苦労している人が周りにちらほらいたので)。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:採点そのものは苦しくもありますがやはり楽しくもあります。英語の採点を担当していましたが、中高校生がどんな思考回路で自分の解答をとにかく導き出したのか、そういうことを答案の痕跡や行間から勝手に想像したりするのは、それなりに楽しい経験でした。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接は簡単な自己紹介だけです。志望動機については、たしか「中高生が将来の進路を決定していく上で重大な指標である全国模試の採点に携わることで、自分自身のスキルアップを図っていきたい」といった内容のことをしゃべったと思います。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:皆私服で仕事していました。働いている人たちはほとんど全員が大学生だったので、大学に行ったその服装で出勤するというのが普通でした。規定もなかったと思います。常識的な服装であれば、特に問題なかったと思います。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:まず、法定上週1日以上の休みが義務付けられていました。また、バイトの人数は400人を超えるものでしたので、一人一人の出勤状況をだれかがチェックしているというようなこともなく(物理的に不可能です)、休みは問題なくとれていました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:恋愛の機会そのものはある職場だったと思います。働いている人たちはほとんどが大学生で、男女の比率もそれほど偏りはありませんでした。年齢も近いわけですし、皆隣り合って仕事をするわけですから、出会いの機会は少なからずあったのだと思います。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:仕事中に楽だとか暇だとかということはありませんでした。採点答案は膨大にありますし、また、採点ペースに関しても、「全国平均」や「会場平均」の数値が自分のそれと比較されて画面上に出るので、競争心に火がつくではないですが、それなりに張り切って仕事をしていました。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:やはり、人間関係に煩わされることなく、学生としては十分な金額が稼げたことでしょうか。仕事自体は、画面に向かって淡々と、虚心にやっていくものなので、業務以外のストレスやノイズが最小限に抑えられていました。真面目にやればちゃんと見返りのあるバイトだったので、働きがいがありました。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:業務自体は単純で冗長なので、集中力が途切れそうになったり出勤が億劫になったりすることも多々ありましたが、期間限定(約一ヶ月)のバイトだったので、「とりあえず一ヶ月頑張ろう」とか「あと1週間で終わる」などと言って、心を慰めていました。辞めた理由は、大学院での研究に集中したいと考えたからです。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:勧められると思います。特に学生の方たちに対して。理由は、空いた時間に、確実に稼ぐことができるからです。業務そのものがシンプルであり、また人間関係等のトラブルやノイズに困ることがないという点も、勧められる理由として挙げられるでしょう。
 

 

まとめ

この記事は大阪府大阪市北区南森町周辺、南森町駅付近でバイトしていた経験者の口コミをまとめた記事になります。対象のバイトは上記南森町のグーグルマップが目安となります。
随時更新予定ですので宜しくお願い致します。