europrixのバイトバイブル

管理人europrixが、実際に働いてみたいアルバイトをひたすら選んでいくブログです

【北海道】札幌市のバイトの口コミ・評判まとめ

札幌市で働いていた方の口コミをまとめました

札幌市は、北海道の人口の約36%が集まる大都市です。世界有数のビール生産地としても有名で、なんと世界第3位なんだそうです。ビール工場や販売関連のアルバイトは豊富にありそうですね。そういうところも含めて、札幌市にどんなアルバイトがあるのか、口コミ情報を見てみましょう!
※口コミ情報は随時更新予定です!

 

ホテルオークラ札幌でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?

A1:ホテルオークラ札幌

Q2:勤務していた頃はいつですか?
A2:2016年5月~2017年7月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:時給は800円でした。勤続年数や経験に応じて給与がアップする制度もあるようで、バイトの中でも古参の方たちは自分よりも高い時給で働いていました。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:バイトの大半が大学生であるため、時間の融通がききやすいように配慮してくれていたと思います。事前の連絡をしておけば、ある程度の長期休暇もとることは可能ですし、しばらく職を離れた後からでも復職は可能であると伺ったことがあります。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:仕事は宴会や結婚式でのサービススタッフとして、料理やドリンクを提供するという内容です。基本的には3~4卓程度を2、3人のチームでカバーして、宴会の全体スケジュールに沿った形でサービスを行います。場合によってはバーでドリンクを作る仕事に就くこともあります。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:皆が休暇を取る時期には人手が足りなく、かなり長いシフトを入れられる時があるので忙しいことはあります。ただ、定常業務は体力的にも精神的にもそこまできついことはありません。またチームでの仕事が大半ですので、自分がきついときには仲間がカバーしてくれることが多かったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係は非常に良好でした。バイト仲間での飲み会も月に1回ほどはありましたし、バイトを辞める人がいたりしたら送別会等を開くほどには良い職場でした。上記にもありますが、バイトは大学生が多く、年齢層も近いため仲が良いのかもしれません。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:サービススキルは社会人になってからの飲み会で上司の面倒を見るときに役立っています。またバイト当時はバーでドリンクを提供する業務も行っていましたが、ここで覚えたカクテルを作る技術は友達との宅飲みで時々役立っています。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:バイトの立場で受けられる目立った福利厚生はありませんでしたが飲食関連のバイトですので、宴会後に残ったオードブルを食べられる時があり、得したと感じることはありました。残り物とはいえホテルの料理ですので、非常においしかったのを覚えています。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:職場の雰囲気は非常に良好でしたし、女の子が多く楽しみながら働くことができました。ホテルの宴会スタッフのバイトは女性が大半を占めますので、特に男性ならば力仕事のたびに頼りにされるため、ちょっとした仕事でもやりがいを感じながら働くことができます。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接の内容はいたって普通でした。ホテルの仕事を志望している理由について聞かれましたが、この質問に対しては前職の居酒屋でのサービススキルを活かして、より大きな宴会をまわしてみたいという思いから志望していると回答しました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:ネイルや髪染めは基本的にはNGです。また服装に関してはスタッフ用の制服があるので特別気にすることはありません。ただ、ワイシャツと靴下、革靴は自分で用意する必要があるため、これらは事前に買っておく必要があります。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:バイトの大半が大学生であり、テスト期間が休みを取る人が多いということで時間の融通がききやすい職場づくりがなされていたように思います。またスタッフの人数は非常におおいため、一人が休んでもバッファーがきくという点では休みのとりやすさがあると思います。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:女性が多いため、男性のバイトにとっては出会いのチャンスのあるバイト先といえるかもしれません。しかしながら、女性社会であるため、あまりに浮ついた目的で働いているとすぐに悪いうわさが広がり、仕事どころではなくなってしまうかもしれません。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:暇ということはありませんでしたが、小さな宴会で比較的緩い社員がマネージャーとしてついている場合は軽い仕事に感じることはありました。ただ、基本的に宴会はスケジュールが決まっているので、それに沿って動く限りは全くやることがなく暇な時間というのはないです。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:大学生が多い職場ということで、男女の出会いのほかにも同世代の知り合いが増え、人脈の輪が広がるというメリットがありました。この点についてはホテルの宴会サービスの仕事で働けて良かった思うところではありますし、ほかのバイトよりも”出会い”はあると思います。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:チームで働く仕事であるため、自分がミスをして少しへこんでいたとしても必ず励ましてくれる仲間がいてくれいるというのは、バイトを続ける上での大きな支えとなりました。辞めた理由については、在学中に留学する予定がありましたので、これに合わせてバイトを卒業することに決めました。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:自分としては勧めてもいいかなと思います。人手が不足しがちで時期によっては多くのシフトに入らなければならないという点はありますが、働いているスタッフの雰囲気であったり、職場環境を考えると、ここまでやりがいをもって楽しく働けるバイト先はそこまで多くはないのではないかと思います。

 

株式会社アース総研でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?

A1:株式会社アース総研

Q2:勤務していた頃はいつですか?
A2:2016年4月〜6月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:時給1000円。北海道では若干高めです。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:つけやすかったです。私も含め他のバイトさんも本職も持っているので、その方とシフト調整し交互に出勤しました。もちろん他のバイトの方の都合で私が出社したり、その逆パターンもありで互いの事情を考慮しながら対応出来ました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:公共工事の振動保障に関する家屋調査です。現地にて建物の平面図と立面図を作図し、家屋のひび割れヶ所を記入。そしてひび割れヶ所の寸法計測と写真撮影(調査看板記入含む)。これを1日4棟前後現地調査する仕事内容でした。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:程度な忙しさです。屋外での作業ですので、気温が高いとき低いときは身体への負担がかかります。また雨天時は雨の中で図面起こしをしなければならないので作業効率は悪化します。一方、疲れたタイミングで僅かですが休憩時間を確保できるので、天候さえ良ければ気持ちよく働けます。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係は良好。現地ではチームプレーで皆で効率良い方法を提案しながら仕事行えました。相手も我々も社会人のモラルを持って仕事出来ました。昼ごはんも美味しい店に行き、互いの本職の話で情報交換やバイト先の若手社員の悩み相談もしてました。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:本職は設計職ですが、現地調査で現地で図面を起こすテクニックが身につきました。設計職としては使う事の無い測量器具も使わせてもらい、さらに本職に対する業務範囲も広がった為、同様案件の話があれば受注できると思います。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:この会社は福利厚生の制度はありません。ですが、企業から現場までの送迎付き。さらに朝と夕は最寄り駅から企業までの送迎付きでした。調査対象の現場が農家だった場合には、その農家の方から採れたての野菜を頂くラッキーな事もありました。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:楽しかったです。社員とバイトの息を合わす事が効率よく現地調査をこなす秘訣ですが、息を合わす事でコミュニケーションも上手く行き、結果双方にとって楽しく働く事が出来たと思います。社員の方と組むチームが実質的にも「チーム」になっていたと思います。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:先輩バイトさんから事前に企業に段取り付けてスカウトされた為か、簡単な社長面接一回で面接は終わりました。面接は簡単な挨拶と報酬の説明と業務の概要説明の内容でした。志望動機については、「本職の応用ができる業務の実績をつけたい。」です。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:現場での調整仕事なので作業服が支給されました。出社の服装は自由ですが、作業服に着替えます。そもそもピアスや茶髪で働くような仕事では無いので、あえてその辺の規定はなかったと思います。女性社員も現場で一緒に調査しますが、壁や土に触れるためネイルした女性社員もいません。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:事前に各自の都合を持ち寄りバイト全員と社員でシフト調整する為、急な休み取得をすることが発生しませんでした。バイトが誰も出られないときは社員の方々は次の現場調査家屋へ挨拶に行き家主と調査日の打ち合わせをするなど、社員が対応する業務を社員が行なっていました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:全くありません。作業服を着て現場で仕事をこなす業務なので「オシャレ」とは無縁なバイトです。恋愛の機会を求める場ではなく、純粋に仕事をする場です。私も仕事をする為に働いた場なので元々恋愛を期待しておりませんでした。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:適度な忙しさだったので楽ではありませんでした。ただ現場での調整中は疲れや暑さで頻繁に休憩を確保する事が出来たので、「身体が辛くても我慢しなければならない」事はなかったので、この点においては楽だったかと思います。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:日給が良い。人間関係も良い。シフトは融通効く。業務は天候さえよければ快適。身体が辛くなったら休憩取れる。屋外での仕事だから日焼けして健康的に見える。学生であれば実務レベルの専門的スキルが身につくからオススメです。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:頑張れた理由は、天候さえよければ快適な仕事、人間関係も良く、ストレスが少ない。辞めた理由は、調査部署の社員が同時に全員辞めてしまったことにより、企業が調査事業から撤退した。
なのでバイトの仕事も無くなったから。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:このバイト先は既に調整事業を辞めてしまったので、この企業のバイトを勧めようがない。同業他社でもやっている「家屋調査のバイト」視点ではオススメしたいと思う。ただ突然休むような如何にも「学生感覚」な人には勧めたくない。なぜなら会社が迷惑だから。

 

(株)クリーンドック・ビルサービスでバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?

A1:(株)クリーンドック・ビルサービス

Q2:勤務していた頃はいつですか?
A2:2015年9月~2015年12月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:時給は840円夜勤手当がつきました。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:融通は利きませんでした。最初は週4で入っていたのですが、働いていくにつれ週5、6と増やされていきました。希望時間である8:00~17:00もその通りになっていたのは最初だけで、希望外の時間での就業が増えていきました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:基本的には清掃業なので、依頼を受けたところへ出向き、清掃、窓ふき、ワックスがけ等が主な仕事内容でしたモップや掃除機、雑巾等で拭いたりするのが殆どでしたが、ホテル等から依頼があった場合は、特殊な洗剤を使ってソファー等の汚れを落としたりしていました。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:依頼を受けた所によります。ホテルから依頼があった場合は、担当する場所がかなり多いので時間内に終わせるにはかなり忙しくなります。学校の給食室の依頼は忙しくはありませんでしたが、しつこい油汚れを落とすのに苦労させられました。逆に、ファストフード店等は床の掃除、ワックスがけ、ガラス拭きくらいしかなかったので楽でした。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:良いところも悪いところもありました。上司が嫌味な人だったので、その人がいると空気が悪くなっていました。同僚にも愛想のない人が多かったので、わからないところを聞いても無視されたり、嫌そうに答えられたりされたのでいい気分ではありませんでした。ただ、優しい人もいたので、その先輩の人が一緒の場合は和やかに過ごせました。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:将来ではないですが、自宅での窓ふきや油汚れの落とし方がうまくなりました。他にも覚えたことはたくさんありますが、基本特殊な洗剤を使ったり、機材がないとできないことばかりなので、実用的なことは先にあげたものくらいです。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:ありません。短い期間しか働いていなかったのでそう感じるのかもしれませんが、交通費がきちんと支給されたくらいしか印象にありません。高いところから身を乗り出して窓を拭いたり等、危ないこともあるので保険がしっかりしているのは良いところかもしれません。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:優しい先輩と一緒の場合は色々と雑談したりして楽しく働けました。基本的には仕事をしっかりしていれば多少緩くても大丈夫な所はよかったです。一日に何か所も依頼を受けた場合などは、スタッフをグループ分けして各依頼主の所へ向かわせるので、そのグループ分け次第でした。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:募集内容と違った要求をされたりしました。週1~OKとのことで週4希望でいったのですが、基本的には週5は出てほしいんだよね、とあまりいい顔をされませんでした。志望動機はその業種での経験不問、初心者でも大歓迎とのことだったので、それを理由に受けました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:基本的にはサービス業なので、相手側の印象を悪くしないようにピアスや髪を染めたりなどは厳禁でした。服装については、事前に会社から支給されたジャージにTシャツを通勤時から着てバイトにいくので自由はありませんでした。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:上にも書いた通り、シフトの融通が利かなかったので取りやすいとはいえませんでした。どうしてもいけない用事がある場合は、予定としてわかっているものは事前に言えば大丈夫なのですが、急遽休みが取りたい時などはあまりいい顔はされませんでした。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:まったくとは言いませんがそういった機会はありませんでした。基本的には、依頼主の所へいって清掃するだけですので、人との出会いの機会がありません。働いていた時には女性の方もバイトとして入って来たこともありますが、年配の方しか入ってきませんでした。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:全面ガラス張りの依頼主の所の仕事だったり、ビルの窓ふきをするときのリフト操作係の時はとても暇でした。全面ガラス張りの所は、普通では手の届かないところを拭くために、はしご車のようなものに乗って作業するのですが、拭く作業は社員の方、バイトの人たち作業中に下に人が入らないように見張るだけだったので楽でした。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:普段清掃という作業について深く考えずに生活していると、そこでは知りえない知識や経験などをして、それを普段の実生活に活かせる機会が多少なりともあるということです。後はその作業にはかなり苦労させられると思うと、色々な所への汚れについて配慮するようになれたことですね。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:バイトをやめた理由は人間関係です。先ほども挙げましたが、嫌味な上司の人が主な原因です。本人のいない所で悪態をついたり、失敗などを大きな声で怒鳴りつけたり等、自分がされていなくとも嫌な気分にさせられる事が多々あったからです

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:勧めません。人間関係が最悪なのでストレスが溜まる一方です。その上司のせいだけとは言いませんが、私の働いていた短い期間ですら人が何人もやめて入っての繰り返しでした。ただ、清掃に強い興味を持っている人は専門知識を学べるので良いかもしれません

 

アパホテル札幌駅前でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?

A1:アパホテル札幌駅前

Q2:勤務していた頃はいつですか?
A2:2016年3月〜7月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:時給は830円でした。ホテルの客室清掃の時給としては良い方だと思います。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:とてもつけやすかったです。水曜日と日曜日以外の日は働くという固定シフトという方もいましたし、毎週勤務する曜日が違っても全く支障ありませんでした。また、子どもが熱を出した等急な欠勤も対応してくれたので働きやすかったです。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:ホテルの客室清掃です。仕事内容は文字通りですが、チェックアウトした客室を元通りに復元したり、ステイ(連泊)の部屋はベッドシーツ交換、清掃、タオル交換などが主な仕事です。接客ではないのでお客様と会うことはほとんどありません。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:とにかく体力勝負の仕事です。狭い客室内でベッドを動かしてシーツを交換し、トイレ、洗面、風呂掃除をし、掃除機をかけるのはかなり体力が必要です。また、チェックイン時間までに必ず仕上げなければいけないので特に繁忙期は時間に追われます。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:あまり良くありませんでした。主に30代〜60代の女性が働いていたのでキツい人はキツかったです。また、自分の気に入らない人は無視するような人もいました。私は若かったためそこまで冷たく当たられたりすることはありませんでした。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:掃除のスキルは身についたので、一人暮らしをしてからはものすごく役に立っています。どうしても早く丁寧にやるというのが体に染み付いているので、今でも働いていた時と変わらない速さで掃除することができています。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:特にないのですが、体を動かす仕事のため痩せたことでしょうか。夏は客室内は冷房がついているので比較的涼しいのですが廊下はそこまで冷房が効いていないので客室と客室を移動するときには自然と汗が流れてくるほどでした。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:仕事内容は決まったことをするだけなのでメリハリはありませんが、体を動かすことが好きだったのと接客がないという点では非常に楽しんで働けました。また、お客さんが「食べてください」とお菓子を置いていってくれることもあって嬉しかったです。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接では、どのくらい働けるか、最寄り駅はどこか程度でした。新しいホテルだったので大量採用していたようです。志望動機は別のホテルで客室清掃をやっていたことがあったのでその経験を生かしたかったこと、勤務時間が自分に合っていたと答えました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:派手な髪染めは禁止でした。茶髪ならOKという感じです。ネイルはしている人がいなかったのでわかりません。接客ではないのでピアス、パーマは大丈夫でした。客室清掃の制服はポロシャツに短パンという格好だったので服装に関しては着ていればOKという感じでした。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:休みはとても取りやすかったです。子供の学校行事、バンドのライブ、旅行、などどんな理由でも事前にシフト申請すれば希望通りに休むことができました。また、人が少ないから出勤してくれということもなかったのでよかったです。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:恋愛や出会いは全くありません。9割が女性という職場なので男性はほぼいませんでした。また、それぞれ家庭や仕事があるためバイト仲間で飲みに行くということも皆無です。人間関係はかなりドライだと思います。出会いは期待できません。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:楽ではないです。体を動かす仕事ですし、時間との勝負なのでスピードが鍵になってきます。暇もありません。体を動かさない時と言えば水分補給くらいでしょうか。特に繁忙期は客室が全稼働していることもザラにあるので大変でした。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:痩せたことと、清掃のスキルが身についたことです。また、タオルの綺麗なたたみ方ができるようになりました。一人暮らしではとても役に立っていますし、綺麗好きになることができました。また清掃のバイトをやりたいと思うくらいです。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:時給が良かったこと、全ての部屋を清掃できたら勤務時間内であっても帰宅して良いという点です。もちろん早く帰っても勤務時間までの時給は保証されました。辞めた理由は留学が決まったからです。2週間前に辞める意思を伝えてもすんなり辞めることができました。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:あまり勧めたくはないです。バイトの人間関係が希薄ですし、おばさんの中にはかなりキツい人もいます。体力勝負なこと、綺麗な部屋ばかりではなくありえない忘れ物があったり、ダンボール2箱分のゴミを置いて行くような人もいるので、よほど接客が嫌だという人以外にはあまり勧めません。

 

くるくる寿司でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?

A1:くるくる寿司

Q2:勤務していた頃はいつですか?
A2:2017年6月から2018年1月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:時給は850円です。勤務時間が異常に長いので月20万くらい稼いでました。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:全くです。休みの日は前日に知らされ、シフト表なんて見たことありません。1週間に1回も休みがないこともありますし、休みが欲しいというとくれはしますが、すごい嫌な顔します。時間をきっちり決めて働きたいという方にはお勧めできません。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:開店中は寿司を握るだけです。お客さんとすごい近く握る店だったので、会話もしごとのうちです。開店前は主に仕込みです。ネタを切ったり下処理したりです。帰りは掃除です。本当に寿司屋って汚いんで、これが一番大変です。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:忙しすぎます。職人は3人で30人以上客を入れられる店だったので、ピーク時なんかは手首ちぎれるんじゃないかってくらい握ってました。口頭での注文なんかは地獄です。どの人が何注文してたかを全部覚えていかないといけないからです。体も頭もつかれますよ。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係は微妙でした。先輩が偉そうな人が多くて。掃除なんかも全部新人に任せるスタイルで自分は全くやらないくせに、ちょと汚いと新人に激怒するんです。モラルもくそもなかったですよ。せめて手伝えってずっと思ってました。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:トーク力は抜群に培われました。いろいろな世代の方と話していたので、この年齢の人にはこの話題が喜んでくれるなとかコツを掴めました。人見知りな性格だったんですが、店をやめるときには完全に治ってました。友達作りなんかでも全く苦労しなくなりました。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:厨房シューズをもらえました。僕はずっと飲食店で働いているのでこのシューズ代が浮きます。あとなかなか高級なシューズだったらしく、他の店に移った時羨ましがられました。すごい頑丈でもう1年以上使ってるんですが、全然傷んでません。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:楽しい時も辛い時もどっちもありましたね。若干辛いことの方が多かったです。お客さんに美味しいって言ってもらえた時は何をするよりも嬉しく感じました。辛いことも全部ふっとんじゃうくらいに。お客さんの笑顔のため働いていましたね。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接の内容は入れる時間帯の話がほとんどでした。よっぽど人手がないんだなって思いました。志望動機は昔から寿司職人になるのが夢で求人サイトで当店を見つけたため応募させていただきましたと言いました。その場で採用でしたよ。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:決まりは何もなかったです。制服がありますし、帽子もかぶってるんであんま関係ないんですよね。あと決まりを作ってしまうと人が来てくれなくなってしまうと聞きました。人手不足の飲食業界では身なりの規定なんかはほぼないと思いますよ。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:全然です。とにかく人がいないので全く休みとれません。どうしても休みが欲しいと言わないと、くれません。休みは上げないと直接的には言われませんが、間接的にネチネチ言ってきます。「今人がいなんだわ」とか「大変なんだようちの店」とか、仕事中にぼそぼそつぶやいてきます。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:ホールには学生がたくさんいたので、そっち側はいっぱいあったと思います。バイト同士で付き合ったりとかもありましたよ。すごい楽しそうでした。羨ましかったです。自分がいたキッチンはおっさんしかいないので出会いは皆無です。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:お昼のピークが終わると1、2時間ほど暇な時間がきます。ここは店長も裏に下がっていたりタバコを吸いに行ったりでゆったりな時間が流れるので一番好きでした。自分はトイレ行くふりして休憩室でテレビ見たりしてました。それ以外は暇な時間はなかったです。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:友達が増えたことです。初めてのバイトだったので今までは同年代の友達しかいなかったんですが、年上も年下にも友達ができて、交友関係の幅が広がったなと感じました。悩みを相談する時も年代によってアドバイスが違ったりで、そういうところが良かったと思います。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:お客さんの笑顔を見るために頑張っていました。本当にうれしいんですよ。自分が握ったお寿司を食べて笑ってくれると。どんなに辛くてもこの笑顔があれば頑張れると思いました。やめた理由は時給がここより高い店を見つけたからです。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:どっちとも言い難いですね。合う人には会うし、合わない人にはとことん合わないと思います。コミュニケーション能力に自信がある人にはお勧めできます。とにかくよく話す仕事です。話すのが好きな人や友達が多い人には楽しんで働けるお店だと思います。

 

まとめ

以上が北海道の札幌市のバイトの口コミまとめでした。
実際にバイトの求人に応募してみようと思った方はこちらからご覧になってみてください!